ブラッシングの効果

以前書いた記事「シャンプーの仕方」

の中で触れました、ブラッシングについてです。

ブラッシングは、

髪の絡まりを取ったり、

髪の毛についた埃やとかを浮かせます。

ヘアセットするときは、髪の流れを整えるためにします。

ブラッシングすると艶も出ますが、

やり方によっては、髪を傷ませることになります。

力任せでしてしまったり、

絡んだ髪の毛を引っ張ってとかしたり。

ブラッシングに使う櫛も重要な道具の一つになります。

静電気を帯びてる髪の毛に、

プラスチックのコームなどでとかすと、

もっと静電気が起こります。

ツゲのコームや、

ブタの毛や、馬の毛で出来たブラシがおすすめです。

とかすときは、

髪の長い方は、毛先から。

絡まっている部分は、無理に引っ張らず、

少しずつ少しずつとかします。

ブタの毛や馬の毛のブラシや、ツゲのコームなら地肌も力を入れず、

すーーっと引くようにするれば、いいマッサージになると思います。

ここで、マッサージと書くと、

ぐいぐい力入れてみたり、

ガシガシしちゃいがちなんですが・・・

スーーーと、通すくらいにしてくださいね。

頭皮も傷付きますからね。

ゆるーく、やさしーくですよ!

わからないことがあれば、聞いてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました