アイロンの使い方

毎日のヘアスタイリングでアイロンを使うっていう方は多いかと思います。

お客様に使用方法を伺うと、間違った使い方をしている方が多いことに気が付きました。

アイロンを使うとき、濡れている髪に使用しますか?

乾いた状態で使用しますか?

髪の毛は、濡れている時にダメージを受けやすいです。

濡れている髪の毛にアイロンを当てると、

「ジューーー」って蒸気が出ると思います。

これで癖がつくと思っておられる方がおられるのですが、

きっと時間かけてアイロンしたらくせがつくかもしれません。

それは、水分が抜けたからだと思うのですが、

これは髪へのダメージが酷いです。

乾いた髪にアイロンをしてもらう方がダメージが少ないです。

アイロンをすると、

髪が温かいと思うのですが、

髪の毛が冷えるときにくせがつくので、

アイロン通すのは一度のほうがいいと思います。

そしてアイロンの温度。

140度から160度位でいいです。

180度とか200度でしていませんか?

温度調節がついていない?

説明書に書いてあると思います。見てみてくださいね。

ストレートでもカールでもアイロンの使い方おさらいしますね。

  • ・アイロンを使用するときは乾いた髪に^^
  • ・アイロンをして温かい髪の毛は冷めるまで待つ
  •  (つつきすぎると上手くいってても崩れちゃう)
  • ・温度は高すぎない設定で(140度~160度位)
  • ・スタイリング剤は、アイロンの後

 髪の毛は一度傷んでしまったら治らないので、

アイロンをするという事は、ダメージを与えてしまう行為なので、

なるべく傷まないように気を付けながら楽しみましょう^^

年末は、30日まで営業します^^

予約が詰まりやすくなっていますので、早めのご予約をおすすめします^^

タイトルとURLをコピーしました